検索
  • id master

オランダ:30% Rulingについて


<オランダ>

30%ルーリングとは、特定のスキルや専門知識を持つ外国人従業員をオランダに誘致することを目的としたオランダの優遇税制です。このページでは、30%ルーリングの条件、申請手続など、30%ルーリングの概要をご紹介します。


1.概要

30%ルーリングでは、いわゆる「域外コスト」のすべてをカバーするとみなされる非課税枠(30%枠)が設けられています。域外コストとは、本国以外の国に滞在するための追加コストと定義されます。このような費用には、例えば以下のようなものがあります。


  • 帰省のための旅費

  • 追加で発生する生活費

  • 二重住居

  • 適切な住居や子供の学校の手配に係る費用

  • 滞在許可証の申請および公式文書の変更(労働許可証は除く)

  • 語学コース

30%ルーリングを適用すると、従業員の給与が大幅に増加し、雇用者の費用が大幅に削減されます。


2.条件

30%ルーリングの適用を受けるためには、従業員は以下の条件を満たす必要があります。


  • オランダ国外からの採用または派遣であること。この基準は、オランダの雇用契約等が従業員がオランダ到着前に締結されていなければならないことを意味します

  • オランダでの給与課税のためにオランダに源泉徴収義務者がいること。この基準を満たすために、オランダ国外の雇用主がオランダの給与税の源泉徴収義務者として登録することができます

  • オランダの労働市場に存在しない、またはほとんど存在しない特定のスキルや専門知識を持っていること。課税対象となる年間給与(非課税の30%手当を除く)が給与基準を満たしている場合、従業員は特定のスキルや専門知識を持っているとみなされます。また、そのスキルや専門知識は、オランダの労働市場では入手できないか、あるいはほとんど入手できないものでなければなりません

  • オランダでの雇用に先立つ24ヶ月間のうち、16ヶ月以上をオランダ国境から半径150kmの範囲外で居住していること


3.期間

30%ルーリングは、最長 5 年間(60 ヶ月)認められます。この期間は、オランダでの滞在期間や雇用期間が長ければ長いほど短縮されます。


4.給与基準

給与基準は継続的に満たされる必要があります。これは、合意された給与と非課税枠の削減率が30%以下であることを意味します。


5.申請手続

30%ルーリングを適用するためには、雇用主と被雇用者が共同で申請を行う必要があります。


申請が雇用初日から4ヶ月以内に行われた場合、30%ルーリングは雇用初日に遡って適用されます。申請が4ヶ月以内に行われなかった場合、30%ルーリングは、申請が行われた月の翌月1日からのみ適用されます。


従業員がすべての要件を満たしていれば、税務当局は30%の通知を発行します。そうでない場合は、否認されます。このような否認は不服申し立ての対象となり、最終的にはオランダの税務裁判所に提訴することができます。


ご不明点等がございましたら、お気軽にお問合せください。

また、詳細なご質問の場合には、オランダのGGIメンバーを直接お繋ぎすることも可能です

335回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示