​財務・税務デューデリジェンス

デューデリジェンスとは、買収後に様々なリスクが顕在化し、買収企業が損失を被るのを事前に防ぐために、買収前にターゲットとなる企業または事業の分析を実施することをいいます。

企業買収、事業譲受及び経営統合に際して、投資の意思決定をサポートするために、主に財務・税務面でデューデリジェンスを実施いたします。

デューデリジェンスにおいては、投資の意思決定や買収対象の価値算定に影響するため高度な専門性及びスピーディーな対応が求められます。

Itseki Groupでは、数多くのデューデリジェンスの経験を積んだ高度な専門性を有する公認会計士・税理士が支援いたします。また、M&A実務に豊富なメンバーが数多く在籍しているため、買収スケジュールに合わせてスピーディーな支援をいたします。

株式価値算定

買収価格の決定に必要な企業価値算定及び事業価値算定を行っております。また、必要に応じて価値算定に重要となる事業計画に関する分析を実施いたします。

​株式価値算定に関しては、買い手と売り手がお互いに納得する必要があるため、公正な第三者として納得感のある金額を算出する必要がございます。

Itseki Groupでは、大手監査法人において価値算定実務の経験が豊富な公認会計士・税理士が対象企業または事業の実態に即した算定方法で価値算定を行います。

PMIサポート

合併及び買収後は、それぞれの会社において異なる業務プロセス(業務手続や規定等)や会計方針等を統合する必要がございます。弊社では業務プロセスや会計方針の統合に関して論点の抽出から実際の業務への落とし込みまでをフルサポートいたします。

合併及び買収のシナジーを最大化させるために、買収後の各種業務プロセスや会計方針の適切な統合は非常に重要になります。また、組織再編後は、社内のヒトとヒトとの摩擦により、非効率が発生することが多いため、独立した第三者が介入して橋渡し役を担うことで、組織の風通しが良くなります。

Itseki Groupでは、買収後の各種業務プロセスや会計方針の統合に関して、経験豊富な公認会計士・税理士が過去の実務経験を活かした支援を実施いたします。

クロスボーダーサポート

大手監査法人・税理士法人でクロスボーダーM&A案件を多数経験した公認会計士・税理士がミドルサイズのクロスボーダーM&Aから対応いたします。

Out-inのM&A案件の場合、買い手が国外となるため、現地の言語での報告が必要になります。

In-outのM&A案件の場合、対象企業が国外となるため、海外現地の会計や税務等の専門知識の理解が必要になります。また、海外現地のレポートを買い手が十分に理解できるようにする必要がございます。

Itseki Groupの強み:

  • Out-inのM&A案件については、弊社が対象企業である内国法人の財務デューデリジェンス及び税務デューデリジェンスを行い、必要に応じて株式価値算定まで対応致します。また、バイヤーへの報告は、英語または韓国語で対応しております。

  • In-outのM&A案件については、対象企業の所在する国のGGIメンバーでチームアップし、財務デューデリジェンス及び税務デューデリジェンスを行います。

  • 弊社がプロジェクトマネジメントを行うことで、スケジュール管理や日本語版エグゼクティブサマリーを作成し、日本の買い手に日本語でご報告致します。

M&Aサービス

 
 
 
 
お問い合わせ

 © Itseki Group.2020

会社名:

株式会社Itseki Advisory

税理士法人Itseki

所在地:

〒101-0051

東京都千代田区神田神保町1-14-3

MT-O神保町3階

​​

​Mail:

info@itseki.com

様々なニーズに柔軟に対応致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。なお、お問い合わせの際は、下記項目に必要事項を入力の上、「送信する」をクリックして送信して下さい。