検索
  • id master

会計士と税理士の違いについて(役割)

こんにちは。

Itseki広報担当です。


最近よく聞かれる質問として、『会計士と税理士の違い』が挙げられます。


まずはそれぞれの役割について説明していきます。


会計士の役割は企業の決算書に不正がないかを第三者の立場からチェックすることです。

その企業の信用を担保して投資している人たちの利益を守ります。


一方、税理士は個人や法人のお客様に向けて税務申告などの業務を行います。


会計士は主に大企業に投資している株主からの依頼、税理士は個人法人の方からの依頼、というように仕事内容もさながら誰からの依頼による違いがあります。


次回はそれぞれの仕事内容の違いについて説明します。

50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示